人気があるSNSサイトはこれだ!

ランキング1位愛カツ


ランキング2位LOVE


ランキング3位FirstMail


コンテンツが充実している10代に人気を誇る優良SNSサイト。
様々な方法でパートナーを見つけ出すことが出来ます♪

サポートが非常に充実しているSNS初心者でも安心して利用できるサイト!
不安な要素が一切ないので、安心して利用可能です!

検索機能が充実している気の合う相手をすぐに見つけられるサイト!
ご近所で理想の相手を探し出すことが出来ます♪


出会いを求めてSNSを利用している方も多いと思いますが、うっかり個人情報を自分で流出させないように注意したいところです。
とはいえ、具体的にどういった注意が必要かわかりません。そこで、重要なポイントを二つに絞って紹介したいと思います。
【フリーメールを活用する】
メールアドレスをネット上に公表してしまうのは非常に危険です。
スパムメールだけならセキュリティソフトなどで対処できますが、架空請求やワンクリック詐欺といった悪質なメールは削除できないことがあります。
そこで、どうしてもメアドを伝えなければならないときは、無料でアカウントを取得できるフリーメールをを使いましょう。
さらに、Gmailなど、一定数以上アカウントを取得できないサービスは避け、いくつもアカウントを取得できるサービスがオススメです。
「別アド」ではなく「捨てアド」と考えましょう。
【個人が特定できる情報を把握する】
ダイレクトに住所や電話番号を公表するだけでなく、プロフィールに出身校や在学期間、勤務先を登録してしまうとそこから個人が特定できてしまいます。
また、意外なところでは生活圏にあるお店が特定の手がかりになることもありますね。
なので、施設や場所といった固有名詞にも気をつけたいところです。
他に、何気なくアップロードした写真で身元が特定されてしまうということもあります。
あまり神経質になるとSNSを楽しめなくなりますから、さらっとチェックし、車のナンバープレートや、電柱の町名と番地などがあれば、フリーの画像編集ソフトで加工するといいでしょう。

インターネットを通じて運命的な出会いがあり、メールや電話でのやり取りの結果、恋人同士になり、さらに結婚までしてしまったというケースは昔からあるものです。
それがSNSの登場により、身近になり、プロフィールや日記機能、参加しているコミュニティがきっかけになったという人も少なくはありません。
そのSNSもここ数年で様変わりしました。
以前のSNSというのは、閉鎖的な空間が売りでした。このことによって、誰にも邪魔されることなく親密になることができたからです。
しかし、これは短所でもあり、閉鎖されているがために全く独立したネットワークだったのです。
つまり、相手が常識が無い人だった場合、完全にブロックすることが出来なかったり、参加したコミュニティで鉢合わせてしまったりというケースが多くあったのです。
現在は、不特定多数にも自分が発信した情報が見られてしまうようになってしまいましたが、その分、「ネットと現実は別」ではなく「現実の延長線上のあるネット」という認識に変わりました。これは以前よりも急速に親密になることができるということです。
なので、最近は、あるミュージシャンのファンクラブとしてアカウントを管理していたところ、それをフォローした女性と仲良くなり、オフ会として集まったコンサートをきっかけに恋人同士になったという人がいます。
これは現代の恋愛におけるモデルケースとして認識されてもいいでしょうね。

その昔、SNSと言えば会員登録して閉鎖的な空間でコミュニケーションをはかるというものでした。
ところが、SNSの黒船と呼ばれるFacebookの日本上陸により、国産SNSもサービス体系を変え、新たにいくつものSNSが誕生しました。
気づけばいくつかのSNSが圧倒的にシェアを伸ばし、類似したSNSがひっそりと運営されているという構図が出来てしまいました。
現在、SNSと言えばFacebookやTwitterなどが主流で、過去に隆盛を誇ったmixiなどの密閉型SNSは急激に衰えてしまいました。
しかし、利用者が増えすぎたため、黎明期に主流だった密閉型SNSに対するニーズが再び高まっています。
これは、密閉型SNSの方が日本人の求める出会いを提供してくれるからです。
よく、mixiなどの過疎ぶりに「飽きられたから」と言い切る人もいますが、実際は色々と事件や問題が起きたため、理不尽に規約が厳しくなったからです。
事実、「○○系 SNS」と○○に音楽などの単語を入れて検索してみましょう。耳にしたことがあるサイトから、初めて聞くサイトまで表示されるはずです。
密閉型SNSは様々なジャンルに特化していることが従来と異なる点で、音楽や映画といった共通の趣味を語り合うことによって、急速に親密になることが可能です。
また、こういったSNSは規制の煽りを受けオフ会を禁止しているところが多いのですが、後続のSNSはその限りではありませんから、共通の趣味を持つ人との出会いを求めている方にはオススメですね。

SNSと聞いて頭に思い浮かぶサービスはなんでしょうか?
恐らく、人それぞれ異なると思います。それだけ数多くのSNSが存在しているからです。
日本ではSNSというと、イコールmixiかgree。もしくは、この二つがSNSというジャンルを生み出したという認識がありました。
しかし、今では「まだあるの?」という人が多くいるでしょう。目を見張る成長ぶりでしたが、衰退も目を見張るものがあります。
mixiは今で言うFacebookと似たアプローチで、なおかつそれまで親しまれてきた日本のネットサービスのシステムを取り入れたコンテンツで爆発的にユーザーを増やしました。
しかし、まだネットの危険性を熟知したユーザーが少なく、自分で個人情報を流出させてしまった会員が発端で、あらゆるネガティブな事実が浮き彫りになってしまいました。
この事件は「ケツ毛バーガー事件」として10年近く経った今でもネットで個人情報が頒布されているのですから痛ましいことです。
その後、盛り返してきたと思いきや、Facebookが正式に日本に進出。迎撃態勢に入ったところ、Facebookが予想よりも浸透せず、mixiのシステム変更は改悪に終わりました。
Greeはmixiに先を越される格好でスタートしましたが、いち早くゲームをサービスに取り入れることで急激に会員数を増やしました。
しかし、あまりに杜撰な管理体制が未成年者の被害を招き、同業者からブーイングの嵐が起こることになりました。更に、近年では超過課金問題もあり、弱り目に祟り目という状態です。
今ではネットで検索すると米ドラマGleeの方が上位にくるという状況です。

SNSが日本で普及した頃と比べ、現在では認識も性質も大分変わってきました。
当初は非常に閉鎖的で、紹介が無ければ登録できないというシステムのサービスという認識で、実名での登録を半ば強制されていました。
ところが、紹介制という安心感から色々と問題が発生し、匿名での登録や個人を特定できないよう推奨されるようになりました。
現在、日本におけるSNSは大きく2タイプに別れています。
一つは黎明期からあるコミュニティ形式のもので、mixiをモデルケースにしたもの。一つは、TwitterやFacebookなどのタイムラインを主体とした舶来型です。
SNSにおけるオフ会も変化し、以前は共通の趣味を持つ人たちの集いでしたが、現在では舶来型SNSがきっかけになった集いで、共通の趣味が無くても「暇なら一緒に楽しもう」というものです。
また、舶来型SNSもそれぞれ特徴があり、コンテンツの共有よりも会話をシェアすることに重点を置いたGoogle+なら、仲間の一人の何気ない一言でオフ会が決まったりします。
なので、一言にオフ会と言ってもアプローチが異なるので戸惑うかも知れませんが、昔のように「なにがなんでもみんなと同じ趣味の話題を話さなければいけない」という暗黙のルールはありません。気楽に参加しましょう。
もし、出会い目的でSNSを利用している場合、自分をアピールする絶好の機会でもあります。
ただし、あまり張り切りすぎないように注意しましょう。「この人、実際はこんなに面白いんだ」と思われるくらいはいいのですが、「女目当てでみんなをフォローしてんの?」と思われると自分だけでなく他のメンバーも気分を悪くします。

インターネットにおけるコミュニケーションをサポートしてくれるSNSで、最も魅力的な機能はコミュニティ機能でした。
現在もコミュニティ機能を売りにしたSNSは存在しますが、所謂箱庭型と呼ばれる限定されたネットワークの需要が低くなったので以前のような勢いはありません。おそらく、企業などで周知を兼ねたレクリエーション的な社内ネットワークとしての方が需要は高いはずです。
では、コミュニティ機能がなければ同じ趣味や相性が合う人と知り合えないかというと、そんなことはありません。
従来のSNSにおけるコミュニティ機能に最も近いのが、Facebookのページ機能だと思います。
これは企業や場所、人物などに分かれています。中にはコミュニティという区分もありますが、これはちょっとハードルが高いというか、作成者のスキルが求められます。
例えば、趣味のページを芸能・エンタメ系で作成するとします。従来のSNSにおけるコミュニティ機能では、あくまでSNS内でしか存在を認識できませんでした。
しかし、Facebookページの場合は、投稿した内容がポータルサイトの検索にも表示されるようになります。参加するにはアカウントの登録が必要ですが、世界中の人々と友達になれる可能性が高いということですね。
他に、TwitterやInstagramなどで使われる、ハッシュタグというものがあります。
これは文末に#を頭につけた単語を入力することにより、ネットワーク内に共通の考えや気持ちを持っている人へ呼びかけることも可能です。

SNSで友達を増やす際、ちょっとしたアプローチをすることで意外とすんなり仲がよくなることができます。
とはいえ、いきなりフランクな文体で話しかけたらうざがられますし、ネット上でも恥ずかしがり屋な人もいますよね。
そんな場合に有効だったのが、あしあと機能です。
あしあと機能とは、自分のプロフィールや日記にアクセスした痕跡を残すSNSの機能で、特にメッセージのやり取りがなくてもお互いのプロフィールを知ることができました。
ところが、この機能が廃止され、多くのユーザーは他SNSに散ってしまいました。
現在、SNSで友達をつくる場合の機能は、友達申請やフォローです。単にそのボタンをクリックするだけです。
ついついプロフィール画像を見て「この娘可愛いな」と申請したくなりますが、必ず一言添えるようにしましょう。
「こんにちは」でもいいですし、「僕もそこ行きました」でもいいです。
そうしないと、フォローしてもブロックされてしまいますし、最悪スパムとして運営側に報告されてしまいます。
友達の数やフォロワーの数がSNSのステータスという認識がありますが、最低限のルールやマナーは守りたいものです。
また、プロフィールに「コメなしフォローは承認しません」「相互フォロー目的の方お断り」といったコメントが記されている場合は一言添えてもブロックされてしまいますから、必ず事前確認しましょう。

日本でSNSといえば昔はほぼ一択で、海外の大手SNSが進出してからは三択程度でした。
ところが、気づけばSNSはいくつも乱立している状況です。
SNSの代表的存在は、以前であればコミュニティに特化したり、ゲームを主要コンテンツにしたりしているものでしたが、現在はチャット形式というか、タイムラインに沿ったコミュニケーションに限定したものが主流になりました。
ただ、どうもしっくりこなかったり、気の合いそうな友達が出来ないと嘆いている方も多いようです。
そのため、タイムラインを軸にしたSNSも、色々なジャンルに特化したサービスが登場しました。
◆Instagram
写真版Twitterと言えば分かりやすいでしょうか。
情報よりも写真に比重を置いて発信することが可能です。
◆Pnterest
Instagramと同じように画像を扱うSNSですが、こちらはネット上に存在する画像をお気に入り登録してシェアするタイプです。
女性会員が多いことが特徴です。
◆Tumblr
一般的なSNSとブログの中間にあると考えるとわかりやすいでしょうか。
元々ブログとは、ネット上で見つけた情報をシェアすることから始まったので、純粋な意味でのブログというわけですね。
この他、音楽やビジネスに特化したSNSもあり、一見すると「こんなジャンルのSNSもあるの?」と驚くと思います。なので、もし使っているSNSと相性が悪いようであれば、色々と試してみるといいでしょう。

SNSで友達を作ったり、恋人を見つけることが当たり前の時代になりました。
べつに「SNSでなければ本当の出会いはない」ということではありません。以前なら「ネットでつかんだ出会いのチャンスは軽薄そのもの」という風潮が薄らいだということですから。
つまり、日常での出会いと同じ次元で語られるようになったというわけですね。
SNSを通じて親密になるにはいくつか方法がありますが、代表的なものは三つです。
一つは、コミュニティやそれに類似したページにコメントを投稿して会話を楽しむ方法。
一つは、タイムラインに沿ってSNS上で会話を楽しむ方法。
最後は、SNSが機能の一つとして備えているダイレクトメッセージでやり取りすることです。
どれを選ぶからは、相手との親密度によって異なります。
友達申請やフォロー申請をして承認された直後にダイレクトメッセージで「直接話したくて」と送りつけたらキモイですよね。
なので、まずはタイムラインに沿って他愛ない会話をしましょう。よほど失礼な発言をしない限り、返事がありますからね。
ある程度親密になると、どうしても直アドでメールのやり取りがしたくなるものですが、これはぐっとこらえるべきです。
というのも、SNSが招いた社会問題の一つは、個人情報を相手に伝えたがため、性犯罪や殺人事件に発展してしまったというものだからです。
なので、メールならフリーメールで、もっと踏み込んだやり取りなら、メッセンジャーやSkypeを利用するといった具合です。
メッセンジャーも、昔と比べてノートPCを据置として利用する人が増えたので、PCに搭載されているWebカメラを使って通話できる可能性が高くなりましたからね。

皆さんはSNSは何を使っていますか?
おそらく、TwitterやFacebookが多数を占めるのではないでしょうか?
写真が趣味ならInstagram、音楽が趣味ならSound Cloudという声も聞こえてきそうですが。
そこで、SNS黎明期から利用している人はmixiの名前が挙がらないことに寂しさを感じるでしょう。
では、mixiのようなSNSサイトのニーズが無くなったかというとそうではありません。
mixiなどのシェアが落ち込んだのは、社会的問題になったニュースが多発したり、それを改善、またはFacebookなど欧米のSNSを意識しすぎたあまり、ユーザーのニーズの斜め上に向かってしまったからです。
現在でも、コミュニティ形式のSNSは有効で、あしあと機能などがあればまた使いたいというユーザーは多いものです。
そこで、SNSを開設するというすき間産業があります。
SNSサイトを開設と聞くと難しそうなイメージがありますが、ある程度知識さえあれば、簡単に構築、管理が可能です。
また、大手SNSが凋落したのは、会員数を増やすことに執心したからです。企業ではなく個人が管理となれば、せいぜいアフィリエイトの収入でも管理費はまかなえるものです。
たとえば、SEO対策に費用を割かなくても、FacebookやTwitterなどで入口をアピールし、登録可能なのは自分の友達やフォロワーのみと限定すれば、ほぼ確実に悪質な会員を排除することができます。

ページ上部に